スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本全国ツアー 30th Revolution@北海道・Zepp Sapporo

2015/10/12「日本全国ツアー 30th Revolution@北海道・Zepp Sapporo」

小平町とはまた雰囲気が変わって、ロック!なライブでした。
長文です、MCのこととか細かいこと書きすぎでお恥ずかしい。。自分用の備忘録として、言葉のひとつひとつも記録しておきたい衝動に駆られてしまって。
歌や演奏のことについて書けたら良いのですが、その辺りを言葉にするのは私には難しいです・・・^^;
(※レポは少し下へ。曲名書いています。)























小平町では「BELIEVE」や「青い鳥」のような、ゆったり聴くような曲が多めだったかなという印象がありましたが、札幌はより熱かったと思います。同じ北海道だし、そんなにセットリストは変わらないと思っていたのでこれは嬉しかった^^

「Long Night」
スタジアムにいるみたい!
この「何かが始まる」感のあるドキドキするイントロ、好きなんです。
バックからの照明があって、シルエットで見える右手を掲げる美里はやっぱりカッコイイ。

「Glory」は歌うだろうなーと思っていましたが、「Hello Again」も。
私の職場でラジオ(AIR-G’)がかかってるんですが、アルバム「オーディナリー・ライフ」が発売されてAIR-G’で最初に流れたのは「Glory」だった気がします。
美里にCaravanを紹介したのはカラスさん・・・?と思うのですが、おそらくそういう繋がりも含めて、2009年頃からの北海道との繋がりを強く感じているようです。
その頃カラスさんとのラジオのレギュラーもあり、美里祭りも芸術の森であったし。(話が飛びまくりですが)キロロでのフリーライブもありました。(←カラスさんが司会されてました。)
北海道内の大きめの都市以外の場所にも行き始めた印象があります。
「種を植えて、実ってるんだなぁ」と、感じているそう。
よく美里が言っているこの言葉が、この場所で感じられるのが嬉しい。
実は札幌に住み始めたのがその頃で。なんだか感慨深いものがあります。

「ムーンライト ダンス」も素敵でした。
この曲もこのアレンジ(少し激しい感じ・・・説明が下手ですみません。。)が好きで、この曲の時の照明もきれいだったんです。

今回のツアーについて、こんなことも言っていました。
30周年では、芸術の森のような場所をまわるのもいいなと思ったけれど、あの大きさの会場を何箇所もまわるのはとても大変なこと。
北見や釧路にライブで訪れた時に、移動時間を考えると(北海道内で)今日はここで次の日にはここ、というふうにはスケジュールは組めない。
「どこどこでライブやるから来てね」とは気軽には言えない、だからこそ、私達の方から会いに来ようと思った。
「横浜や大阪に出張作って仕事のついでに来てね」なんてことも言ってましたが(笑)私は休みを取って横浜へ行きますよ~。

前日は「オーディナリー・ライフ祭り」に向けて打ち合わせがあったそうです。
「妄想で、すごいことになるよ!」とのことで、楽しみ。
その日はデパ地下でお惣菜を買い、コンビニでおにぎりを買い(ザワつく会場・・・)
「おにぎり温めますか?」って聞かれて「きたー!」って、嬉しかったんですね(笑)
大泉洋さんの番組だ~って言ってましたが東京でもやってるんでしょうか?
(番組名「おにぎりあたためますか」で調べたらいろいろな場所で放送されてるんですね)

野球の話から「面構え」の話。
生き様が面構えに現れる、良い面構えと思われるように生きたい、という話をしてた時に「女子!」という客席からの声。絶妙なツッコミ(笑)
そう、女子なので「べっぴんさんね」と言い直してました。

メンバー紹介で、最初に松永さんが紹介されて、いつもと違うんだ~と思いました。
いつも最後に紹介されて、ドラムから次の曲がスタートの流れだと思ってたので。
真藤さんが最後に紹介されて、リハの時の声出しが素敵だから聞かせてほしい、という無茶ぶり(?)にこたえてくれる真藤さん。
そこからの「ジャングル チャイルド」!このパターンも良いですね!

どの曲だったか忘れてしまいましたが、たらちゃんが暴れてました!
2015_1012_01.jpg
メンバー紹介では「男に生まれたらこんなギタリストになりたい」と紹介されてました。
ちなみに竹野さんの時は「ボーカリストじゃなかったらサックスプレイヤー。だって持ってるだけでキラキラしてるんだよ!」と言ってました。

札幌での注目ポイントは「どこにいても」です。
歌う前、そわそわしてちょっと落ち着かない感じで(笑)
「歌ったことのない曲です。私の曲だよ?」
「シングルのカップリングなんだけど。」
(知らないなんて)「許さないっ!」ビシッ
2015_1012_02.jpg
誰かのマネ?ではないですよね^^;可愛すぎました。

・・・正直、数回しか聴いてなかったのですが^^;
シンプルな編成でのこの方が好き!と思っちゃいました。
「やだよ」っていう言い方が可愛いですね、照れ隠しのような。
「これから厳しい冬がやってきますが、「どこにいても」を北海道の曲として聴いていてください」というお言葉を頂きました。(言葉のひとつひとつが重みがあります)
私個人的に、2~3月頃になると気持ちの面で下がり気味になってくるので、きっとこの歌のことを思い出して過ごしていると思います。
各地、それぞれに住む人達のことを想ってくれているんだなぁと思うとジーンと熱くなりました。



美里のライブに行っていて思うのは、歌を聴きたいのは勿論なんですが、会場の皆が良い気分でいられる空間を美里が作っていて、その中に自分もいたいなぁ、と。言葉も歌と同じように大事に聞きたい。
「癒し」という言葉をあまり使いたくはないのですが、不安な気持ちが落ち着いたり、良くない言葉やイライラを改めようと思えたり、前向きな気持ちにさせてくれる美里の存在には、そういう能力もあるんだと思います。
(なぜあまり「癒し」という言葉をあまり使いたくないかと言うと、可愛いものを見ては「癒される~」と言う人が気になる。そんなに頻繁に、簡単に「癒し」とはされるものなのですか?と・・・スミマセン細かいこと言って)

このツアー、他にも行ってみたい土地がいくつかありましたが、自分のラストとして参加したのが地元札幌にして良かったな、と思います。
余裕があれば多分行っていたと思うんですが、行き出したらあっちもこっちもってなっちゃいそうで。ちょっと抑えました^^;
「また戻ってきたい」と言っていたので、横浜アリーナのあとも、まだまだライブは続くんだろうなと思わせてくれました。
北海道でライブがある日を楽しみに待っていたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うらやましい。

「Hello Again」歌われたんですね。東京では歌われなかったので、封印された曲かと思っていました。
そして「どこにいても」、「Glory」もですか。。。。
これって私の中ではありえないほどの「神」、選曲です。
うらやましーーーー。

札幌公演に直接関係ありませんが、青Qさんの目が小さめな美里さんのイラスト大好きです。
普通は美里さん=大きな目なんですけど、それを無視?して己の道をいっている感じがします。
雰囲気抜群につかんでますよね。

つたない文章ですが、伝えたい思いのみ簡単に、でした。

Re: うらやましい。

>はなとあんずの親です。さん

コメントありがとうございます!

「Hello Again」はどこかの会場で歌われてたのかな?と思っていたのですが、もしかしてレアだったのでしょうか(^^;
横浜アリーナでは全部歌うのでは?と予想していますが、聴けたら良いですね!
「どこにいても」は予想もしていなかったもので驚きました。
優しくてあたたかい歌い方が素敵でした。この曲もアコースティックなライブ等で歌われそうな気がするんですけどね~、是非また聴きたいです。

それからイラストのこと、言われて気付いたのですが、確かに目を小さく描いてますね!
いろいろな描き方をしてきて、目は「縦長の黒丸にまつげ」に落ち着き、バランスを考えて描いてるうちに今の状態になりました。
自分なりにこだわって描いているので、雰囲気つかんでると言って頂けて嬉しかったです!
ありがとうございました!
profile

青Q




最新記事
comment
カテゴリ
月別アーカイブ
track back
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。