スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本全国ツアー 30th Revolution@北海道・小平町文化交流センター

2015/10/10「日本全国ツアー 30th Revolution@北海道・小平町文化交流センター」

待ってました!北海道に来てくれる日を。
7月12日の川崎も参加しましたが(レポはアップできていない。。)
遠征していると、「私、ここにいていいのかな、地元の方どうぞどうぞ…」と、なってしまうのですが(^^;
自分の地元のライブは少し堂々と参加できます。(小平町に来たのははじめてなので、少し)
では写真多めな感想は以下に。憶えているままザーッとです。。

2015_1010_01.jpg

2015_1010_02.jpg

2015_1010_03.jpg
夕焼けがキレイだけどすっごい風!過ぎた台風の影響もあったのでしょう。
私も初めて来る場所でしたが、地元と、地元以外から来た方、半分半分くらいだったのかな。
地元の方達、後ろの席にかたまっていらっしゃったみたい。

1曲目の「サマータイム ブルース」で一気にテンション上がります!そのままのテンションで「青空ハピネス」。

「クライマックスシリーズが気になる中、来てくれてありがとう!」
私、野球はあまりわからないのですが(^^;こういう一言でくすっとさせるのはさすが。

「BELIEVE」「悲しいね」は北海道で聴けるのが嬉しい。
特に「悲しいね」。
赤い照明に照らされて、美里の歌声、仕草のひとつひとつがとてもきれいで。
お芝居を見ているかのようで、その世界観に引き込まれました。
2015_1010_misato01.jpg
表情や動き、照明の明かりも絵で表現できたら、と思って描きましたが思うようにはなかなか。。

渋谷の交差点をイメージして作った「青空ハピネス」よりもイメージしやすいんじゃないかと思って。
ここに来るまでの景色を見て選曲したそうです。
「悲しいね」は札幌の高層ビルの中にいる時に見た、下から吹き上げる雪や、銭函の風景を見て作ったそうなんですが、知らなかった!
そんなこと言われると、真冬にまた聴きたくなります。そして銭函に行ってみたくなる(おりたことはありません)

「BELIEVE」「青い鳥」「悲しいね」は席に座ってゆったりと聴いてました。
「青い鳥」も久々に聴きましたが、良い歌だなぁと今更ながら思いました。
「すてきな景色を見るたびにきみに見せたいと思う」の言い方が好き。

天気予報などでは何百回も聞いているけれど、「留萌」という言葉をはじめて(?)言うと。
「るもい」←一文字ずつ強調して言う感じで。
そういえば詳しくはわかりませんでしたが、小平町の方から「来て下さい」とお誘いがあったとか。
北海道は最初、札幌だけでしたが、あとから追加になった小平町のおかげで2公演に行けたんですね!

「台風は大丈夫でしたか?」という話で、一瞬シーンとしてしまうと、
「北海道の人ってさ、あったかいようで冷たいよね~」って、めっちゃ当たってて笑いました。私も含めてそういう雰囲気の人が多い気が…(笑)
「札幌の友人に「台風大丈夫?」ってメールしたら「こっちはそんなにたいしたことなかったよ」と返事があった」と。(これ、まさに私も同じようなことを言ってました…)
「釧路や根室の方では大きな被害もあったようですが、同じ北海道といえど広いからね!」というフォロー(?)をしてくださいました^^;

「10years」のイントロが始まると、みんな立ち始めます。
「わぁ!」と喜ぶジェスチャーの美里。

メンバー紹介のあとの「パイナップル ロマンス」の流れがカッコイイ。これは何度でも体験したいです。
まったり、MC多めに進むのかと思ってましたが、ガツンとかっこよく決めてくれました。

2015_1010_misato02.jpg
↑確か「虹をみたかい」で黄色い服のメンバーが3人集まったところ(美里はタオルですが)
あまりに雑に描いてしまったので描き直したけれど、これも雑でした。。

他にも地元トークたくさん。
この辺りって北海道の中の大きめの街とくらべると、少し寂しい雰囲気の街並みかと思うのですが、美里は「なにかドラマがおこりそう!?」と感じていたようで。
回らないお寿司屋さんにひとりでも行ける年齢ではあるけれど、なんか「わけあり」に見えそうで行けなかった、コートの襟でも立ててようもんならまさに、とか。街を歩いているカップルは「わけあり」なんじゃ?とか。
ライブの終わる頃にも、1列目で空いてる席があって、「どうしたんだろうね?わけあり?」
やたら「わけあり」が気に入ってた様子(笑)

アンコールの最後に「ここから」
最後の方の「ららら~」で、演奏の音量が小さくなって客席みんなで歌うところがありますが、北海道の人は少しおとなしいので(笑)
もっともっと、という美里の笑顔につられて、客席も「ららら~」頑張りました。

並んで「礼」の時に拍手が鳴り止まず、更に拍手が大きくなっていく。
もう1曲、「Lovin' you」
私が言ってもうまく伝わらないかもしれませんが…
良かった、ここに来ることが出来て、この歌がラストに聴けて、良かったなぁ、と心から思いました。
(ひとりでは多分来れなかった…、連れてきて下さったKさんに感謝です!)

ホールだし、多分座って聴けるようなセットリストかなーと思っていましたが、じんわり、身体が熱くなりました。

この日のライブで特に印象に残ったことがあります。
常に「未来」を想像している、という話になり、
「昨日より今日、今日より明日。いいじゃん俺、いいじゃん私、と思えるように、やっていきませんか?」という言葉がとても心に残りました。
例えば「みんな頑張ってね」っていう言い方だと一方的に言われているような気持ちになりますが、
「みんなで一緒に、私も同じだから」と言ってくれたように思えて、なんてあたたかい人なんだろうなぁと。
手の届かない存在ですが、身近に感じる瞬間でした。

↓他にも会場の写真を。
2015_1010_06.jpg
↑ライブの間に特にお知らせはありませんでしたが、この手書きのポスター可愛いなと思って撮ってみました。
eyesに合わせてるのか、オレンジの文字が良いですね。

2015_1010_04.jpg

2015_1010_05.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

profile

青Q




最新記事
comment
カテゴリ
月別アーカイブ
track back
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。